FC2ブログ

2019 春磯最終戦

こんぬずわww 本荘太郎ッスww

今日は 男鹿加茂青砂 沖磯に 磯真鯛釣りに行ってきました。
ってか 毎週ですね。もう金欠です。本当は昨日の土曜日来る予定だったんですけどね
なんたって 雷注意報・・・1日ずれての釣行です。
嫁からもらった 自動車税代・・・全部コマセになってしまいました。
どうしよう・・

カミナリ注意報でずらしたのに・・ 今日は雨に打たれ 雷ゴロゴロ・・おっかねがったっズー

加茂青砂着 5:30・・・船長から ”しんじょうは もう 人上がっている!”と言われ・・
さてどうしよう・・ 今年の北磯は フグだらけで 皆敬遠していましたが・・
ここにきて 北もぽつぽつ・・と言うことで 先週1発・大バラシがあったらしい
北磯 大繁島に決定・・・

大繁について 直前 船長が浮かない顔・・・
”1発バラシタあと フグだらけだったらしい・・三ツ島なら エサ取りいなかったらしいけど
三ツ島に・・・いかない?” 吾輩 即答 ”行く!”

着いてすぐ・・・南向きの船着きで コマセ一杯! アテ潮! エサ取りいない・・
柄杓だけ持って 黒島側に移動 コマセ1杯! 潮動いていない タナゴらしきエサ取り2尾発見
強めの向かい風にアテ潮だけど 釣り座は 船着きに 決定・・

第1投目 沖目にキャスト アテ潮で手前にウキが寄ってきたとき 勢いよく消し込む!
小気味よい引き・・30㎝ 真鯛 本命だけど。。。小さすぎる!
20190623_063652.jpg

2投目・・・同じ場所にキャスト! ウキが流れて来て 同じ場所で喰わない・・
もう少し手前で ウキ消える・・・ さっきよりデカいかも・・・て 35cm特大タナゴ!

3投目・・まだ エサ取りいない・・沖アミだけで フカセ釣り 久々・・ たのしい~!!
今度は さっきより気持ちデカい 真鯛 !!
20190623_065202.jpg

4投目・・ 更にサイズアップ 真鯛・・・

これ・・・今日 どうなるんだ!最高の1日になるのでは!!と思ったんですが
3枚目釣ったら  アジ参上! アジの上には フグ・・・
でも気になるほどでない・・・

ここで ピタっと アタリが止まり・・餌がつきっぱなしの状態に・・・
潮も左前に動き出し
これ・・ビッグ1か? はたまた 黒鯛か? どっちか来る!と気合が入ったんですが・・
ウキが消し込んで  タコでも掛けたか?と思うほど 重い姿を現したのは・・・

50㎝はあろう アイナメ・・・このアイナメ野郎!
その後 当たれば アイナメ 全て キングサイズ・・・
20190623_122838.jpg
20190623_122826.jpg
20190623_090815.jpg



吾輩 アイナメの キングサイズ 6本連続釣ったのは 初めてデッス・・・

雨に打たれ・・ 雷に耐え・・・
上はフグ アジ・・ 中層 アジ・・ 底・・フグ・・・
先週までの調子で 練り餌釣法・・・ アジをかわすと メバル! 投入地点を変えると
特大キュウセンベラ・・・

仕掛けを巻き上げた際 練り餌が残っていると 特大アイナメ野郎が 水面まで追ってきやがる
これね もう 真鯛いませんでした 回遊を待ったんですが。。 
アイナメ野郎が 気持ち悪くて 上の餌取りは 気にならなかったんすけど
下の特大エサ取りを かわせませんでした

少し残念な結果ですが・・これにて 春磯終了・・ 
今年ほど 貧果な年はありませんが 今年ほど 頑張った春磯もありません。
吾輩 グレには興味ないもので・・
秋までフカセは 地元の波止の夜釣りで黒鯛などを・・・
真鯛は秋に望みをかけますです。

7月以降は しばらく タイラバで遊びます。




スポンサーサイト

魅惑の島 しんじょう と 新たな課題

こんぬずわww 本荘太郎ッスww

今日は 男鹿半島加茂青砂 から 渡船して 門前4島 名磯 しんじょう に行きました。
勤めは サボりではありません。そんなことはしません 代休でッス。

しんじょう・・・ずっと加茂に通っていますが のったことがなかった 憧れの島
激戦の島
同じく門前4島の 油にも 先月 M1 CUPチヌで 偶然のることが出来たので 残るは1島 さんばだけです。
(垢取は 実質 人が乗ることなんて不可能ッスね。)
20190614_035744.jpg
平日休むと余裕で乗れるんですね~

船長から ”先週乗った ひろなか は 太郎さんが バラシ次の日 やはり 違う人が やられている・・
行く?でも アジが 悲惨なほどいる・・・と 知ってますよこのブログを通して バラシタ本人と
思われる人から コメントもらったし・・
アジは 吾輩先週味わったし・・・と 心で思っていたら しんじょうはどう?・・と
言われたときは 心臓がとまるほど 一気に 高揚しました。
12:40分に起きて 1番船に久しぶりに乗った甲斐がありました。

流行る気持ちを抑え 丁寧に コマセをつくり・・釣り座は 北向きの 船着き
しんじょう1

コマセを一まき・・アジ・・わぃ~
でもね 先週のひろなかと比べたら・・まだ マシかな・・・二撒き目。。。 あまり 変わらないんだけど・・
でもね 吾輩 アジなんて へでもねぇ~し・・・去年までの吾輩なら お手上げだったんでしょうけど
アジの中から 引っこ抜いてやるぜ!!なんて 異様に闘志が湧き  
第1投目・・・アジ! 2投目・・アジ!・・まずは アジを釣りながら タナを 確認していく
結構時間をかけ あちこち 投入し アジを釣りながら 地形とタナを確認して 仕掛けを微調
手前は竿1本でアジ 10m位遠投すると 竿1本半でアジ その奥・・更に落ち込み・・オシ!
竿1.5本で アジ 2本だと当たり出ずにエサ取られる・・・練り餌は残る。。たまに取られる・・
じゃ 練り餌で アタリが出るような仕掛け して 竿2本を狙えばいいだけね。。
で ウキ0. 全層 鉛無し 練り餌 張って張って沈め・・・
すると  穂先が ぐわぁ と 海面につきささる・・いきなりかい!!

クロダイか 真鯛かようわからないけど 結構良い型!おお~絞る おお あぶね~ 大きかも 
やっべ・・なんて やりとりしていると 穂先が フッ・・ええ~なんで?
針ハズレ! がっくり・・ほんとがっくり・・・ 40位はあったのに・・・
ショック 3週連続バラシ。でも ビッグバラシではないので・・・

そのあと はアジがさらに増え・・
20190614_062121.jpg

普通 映らないですよね やばいくらいコマセ入れると更にひどい。 
でもね 屁でもねぇ~んすよ。次の手・・
練り餌パターンの見極め。。今日は4種もってきてますから。。

潮が流れてはいるんだけど 上潮 滑っているだけ・・張ってても
アタリが出にくいので ジンタン5 2個段打ち ウキは0変わらず
更に 張れる状態で 練り餌 錨型につけ 投入!すると
20190614_050002.jpg
小気味よい引き 小さい・・ 足裏ゲト!

そんな ことを 色々やりながら 仕掛けを  アジの釣れ方に合わせ仕掛けを替え
根気よく頑張って とにかく 流れなくてもいいから 潮が ほんの少しでも しまっている場所を探しながら
仕掛け投入・・潮のしまりが 分かりやすいように 今日は釣れない潮 
すなわち 潮が フラフラしているというか一瞬で コロコロ変わる 
もうアジは 海面全面網羅・・・・コマセも撒き方を工夫する
手前3段撒き 沖1杯粉を練ったやつだけオキアミ混ざってい無いもの 更に手前3段撒き 沖に仕掛け入れず しばらく待って 沖の撒いたところの 横に投入 あくまでも 手前でアジを狂わせる 沖は粉だけなので時間が経つと ウキの着水音と惑わせる 結構分離できるし  練り餌餌に コマセオキアミは吾輩的には フカセではない気がする オキアミ餌なら オキアミコマセ 練り餌には 粉コマセ あくまでも集魚はオキアミ
更に手前に 2杯・・今日は オキアミ3枚 粉3.5kの袋2個合計16k持ってきている
練り餌なので沖は 粉だけで十分。 粉と練り餌を同調させる。

 練り餌は カン付き水中ウキのように しもぶくれで形を整えて つけ 潮をとらえるようにして
あちこち投入してたら またいきなり ドン!

今度は取ってやる! さっきよりデカいぜ!やばい位絞る! でも 捕れる!と思た矢先・・
穂先 フッ・・・ また 針がハズレ!  こんちきしょーってやつですよ。

針が縁起悪いので 一応 小さいのに交換 ・・


アジと格闘しながら 足裏・・追加。。。 
20190614_055300.jpg

苦労に苦労を重ね 更に 追加・・・ 3枚目・・しかし型が伸びない・・・

でも がまんしていると。。今度は 穂先が海面に突き刺さる! おおやった!
結構 絞る ・・動きが変 型の割に 馬力がある・・今度は外れない!
なんたって 本来はタイラバ用の ジガーライトマダイ 向う合わせ11号!にしている
あがってきた! やった! ピンク!真鯛40はある  しかしおかしい・・・完璧に浮いて がっくり
脅かしやがって!!
20190614_083759.jpg
43cm 太ったカンダイ!
M1で釣ったのより小さいが ふとっていやがる でも アジよりは 興奮しました。

その後 粘るも アジばかり増え・・もう 潮が しまったポイントがなくなり・・
池状態。上げ5分くらいから 満潮くらいまではアタリも遠く 中だるみが続き
体力的に 折れそうになるが・・
潮替わりのタイミングで 南側に移る。

向かい風の 横風だし油島との水道で 上潮だけ 妙に早く手前にウキが戻って来るんだけど・・
ウキが 1m位入ると 沖向きにどんどん入っていくので 遠投後すぐ糸張って無理矢理ウキだけ
沈め・・
ある程度沈んだら ナチュラルに張りながら沈めどんどん 流す釣りをしました。
強い味方 足長カン付きウキ。張れば 棒ウキのように沈み 使い勝手は 円錐ウキ 更に 普通のカン付きより更に 糸落ちが良い
遠投できるウキだからこそできる技 おもりを使わず 無理やりある程度沈める・・・・
20190614_143508.jpg
  

このウキを使ってから練り餌も 使えるようになりました。 練り餌は 否定派でした。 オキアミのように 
頭取られたり 残った形で状況把握できないところが 嫌いでした。
3年くらい前から 一応持っていく程度 こんなんで 釣れるわけね
使っても 毎回1 、2 投
今は 練り餌でも 残って来る形で 魚を判断できるようになり ある意味 オキアミとなんら かわらず。

で! どんどんウキを入れていき 竿2本半は 入ったと思います 南側は 深かったです
沈め釣りで 挿しエサ先行が良く分かる 錨型練り餌が更に効いている・・
すると 穂先に がが ときて ぐわ!と穂先が入り!
き・・きた! 間違いない! こんどこそ! ビック1 絶対取ってやる!

針は絶対外れない!ジガーライトマダイ 向う合わせ11号!!刺さりまくっているはず
 切れるなよぉ~だったんですど・・・
南側の根
20190614_132112.jpg
これ! この根 竿1本くらいの深さのところに 運悪く 長い長い 海藻が 生えていて・・
その海藻に魚が逃げ込みやがって  ・・一度は 出たんですが・・
2回入られ・・・ 南の船着きまで 竿に負荷をかけながら 移動したり・・色々粘ったんだけど・・
 痛恨の本日3回目! バラシ! こんなにバラシたのは 2回目です。
でも前は 地元の漁港で活性が良く ばんばん 喰ってきた日のことで

こんなに アジに悩まされ 色々やって やっとかけているのに・・もう 情けないやら
あたまにくる やら・・・釣りやめようかまで 考えたっすよ。
ただ やはり 名磯 しんじょう! 油もそうでしたが  他の加茂磯と ちょと魚が 違いますね。
魅了されました。

かえり 一人反省会 幸楽苑 味噌野菜タンメンに はんちゃーはん 
自分に罰で 大盛は控えました。
20190614_162441.jpg

湧きだす アジ フグ が居ても 掛けれるようになった!これ 成長!
船長からも この頃 腕上がった?!なんて言われ・・すこし嬉しい。
ても・・取ってなんぼっすから 3週連続のバラシ・・・まだまだ ふぇだくそです。
課題は山済みでッス。 








BIG1 ! なかなか つれねぇ~が 掛けれるようになってきた。

こんぬずわww 本荘太郎ッスww


先週 男鹿磯真鯛 ビッグバラシを喰らった吾輩は 日が経つにつれ 自分に腹が立って来て
昨日は居てもたってもいられず・・・ 久しぶりに 1番船に乗ってやる!  てな感じで
1:30起床! 多分1番船は3:30前後! 颯爽と向かったのですが・・・
な!なんと 大内IC 通行止め 夜間工事・・・わぃ~

我が町 本荘市に引き返し 日本海側の7号線に抜け 出だしで 30分ロス・・・
この辺で既に 悪い予感がした。

加茂着4:20分・・・3番船・・だが!! お客さん少ない! ラッキー!
何処に行くか まだ 船長に言っていないが・・船は進む(笑)
第一候補女なき! 第二候補 古城!・・・なのだが ・・
さすが船長わかっていらっしゃる!  女なき 焼き飯 孔雀 小阿治 が見渡せる 場所で エンジンストップ!
そこで 何処に上がるかじっくり 相談・・・小阿治は しばらく 調子が良かったが ここのところ不調らしい

孔雀ならば 黒鯛は良いみたいだが・・真鯛はイマイチ・・ 女なきは 先客あり・・・
では!少し戻って 古城!と言ったのですが 午後より 北風に変わるため  被る可能性ありで NG!

"ひろなか は?”と聞かれ ちょっと奥まっているが・・一か八かの賭けで ひろなかに決定。
空撮で見ても 船で近づいても 小さく見える島ですが のってみると 以外に広く 足場もいい
無理すれば 5人は入れる場所です。 吾輩2回目の渡礁です。

上がって嫌な予感・・・ スパイクシューズの音で アジが乱舞・・・やばい。
先端に入り コマセを足元に一撒き・・・
無題1


嘘でしょ 足元一発なのに 半径10m アジが一斉に湧き出る 2発目足元・・・海真っ黒//
やっば!肝心の潮は・・・0ノット・・べたべたなぎ 磯ぎわ パシャともいわない まるで池・・・
それでも 足元 遠投 超遠投 いろいろやりましたよ 投入地点も 180度変えたり・・・
このアジ数は 長い磯釣り人生の中でも 三本の指に入るくらいの量・・・
約2時間ほど 折れずに そして

もうどうにもならなく・・・コマセの全く撒いていない 後方に あらよっと!てキャスト・・・まぁ 開き直りですね
あらまぁ エサの残る・・まぁ 撒いていませんから・・・
無題2

もう一回 あらよっと と 適当にキャスト・・しかし今度は 道糸操作は真面目に・・・・
すると・・・ 穂先に ドン! 一応 あわせを入れるが・・合わせた状態で 既に 竿が伸されている(笑)
そのまま ドラグ ジーーーー レバーブレーキで立って直すも・・ ブチ!・・針上30㎝位で 根ずれ・・・
道糸3号 ハリス4号・・役に立たず・・
2週連続 大バラシ・・ いきなり 頭に血が上りましたが・・・
冷静に竿を置き ウキ着地点に移動し 底を見る・・・ こりゃ 取れませんわ・・
根の上は3ヒロ位 ですが 根と根の間は  吾輩の ウキ下磯の先端に合わせ竿2本ですから・・・
根と根の隙間に入って 偶然根がかりせず 竿二本で
それで 喰ったんですわ・・ まあ 濁りがあれば 3ヒロのタナで 浮いてきて 釣れるでしょうけど・・
今日はスケスケ・・

しかし まぁ こんな アジだらけ 池状態 でも 喰うんですね。 気合が入り 場所移動
無題3


しかし 場所を移動したって またコマセ撒きをすれば アジ狂乱練武!!
こうなったら 先週釣法! ウキ鉛負荷0 横風お構いなし  鉛無! 練り餌を巨峰並みの大きさで 
超ウルトラ大遠投 張って張って ひたすら張りながら沈め 待つ!
すると 穂先に ががが・・・ アジじゃない  きたぁ~ 超ウルトラまぐれ!! ちいさいちいさい巨大な価値の一枚
31cm 本命! 自分で言うのもなんだけど 良くこの状況で・・・うれしいので キープ! 磯上がりまで・・・
20190608_081056.jpg


ただ この 一枚を最後に 超ウルトラ大遠投ももう効かず・・・
ですが このまま 粘っていると 少しだけ 潮が動き出しました  しかも 上だけ あて潮・・・下潮は止まったまま
状況は厳しくなる一方・・・ここで心が折れ・・折れ・・折れな~い まだ 引き出しありますわ!
海藻やら ゴミやら 釣りが出来る状態でなくなり・・・ここでかなり粘ったんですけど
またまた 先端に移動・・・ここもあてジオ・・そして アジ軍団・・・1投1尾 アジ 遠投すれば サバ わぃ~ サバまで出て来やがって
着水と同時に ウキストッパーが走る・・・
それでも粘り
粘るほど アジが 増えていく・・・
やけくそで 今度は 先端から 左の地磯側に あらよっと!釣法・・・

偶然・ほんと偶然に 1ヶ所だけ 潜り潮を見つけ・・無題5

そこに 練り餌 巨峰攻撃・・・ 竿2本ほど 沈んだところで 穂先ガガガ! きた~ 本日2枚目
ちいさい ちいさい 巨大な価値の ジャスト30cm 真鯛!キープ!磯上がりまで・・・
20190608_133831.jpg


オキアガリまで 潜り潮を攻めましたが・・・そこでも アジが来るようになり コマセも底を尽き・・・
タイムアップ
 コマセ8時間で 16キロ 撒きました 吾輩にしては 撒いた方です。
挿しエサ 生いきくん 2パック ボイル2パック 加工オキアミ1パック 使い切り アジを釣りまくり 
練り餌 荒食いブラウン半分 イエロー 半分  集魚レッド1パック
疲れました。精根尽きました。 今の自分にできる全てを出しました。
こんな状態では 去年までは 100%ボウズだったでしょう 間違いなく・・・
この状態で2枚・・・悔しい悔しい ビッグバラシ1 これが 成長の証です。

これだから 釣りはやめられない だが 課題はデカい 2週連続 ビッグバラシ
来週も!勝負じゃ!!

待ち焦がれた1枚と待ち焦がれたビッグバイト・・・

こんぬずわww 本荘太郎ッスww

ブログさぼっていて まとめ書きです(笑)

昨日 半年も前から計画をしていた男鹿 椿沖に 真鯛を釣りに行く!と決め 勤めを半年前に休暇届を出し・・・
たのしみにしていたのです.

しかし・・南西の風9m・・・船欠航確実! 休みを取った手前 椿は諦め いつもの加茂 金竜丸に連絡・・・
・・・・・・加茂も欠航・・・ 楽しみに楽しみにしていたのに・・・ 地磯決定

一緒に行くはずだった 先輩 道川Kさんは、
年齢的 体力を考慮し 釣行NG 残念。
25年前 同じ黒鯛クラブだった 根性と気合は誰にも負けない 象潟Y君と 新人マスオさん生活の通称マスオT君と
吾輩の3人。 責任重大!てのは 先輩が来ない分 吾輩1人で決めなければならず・・・ 磯選び・・・南西の強風に強く そしてそれなりに今の時期
楽しめる場所・・・
ここに決定
20190531_121639.jpg


釣り開始4時半 3人仲良く並んで ウキ下4ヒロでスタート・・・第1投目 ウキシュパ‼  ・・・・針が無い!やばい! 2投目 針無し・・・
グーフ―の大群 針がとられないよう 針側に 重いおもりをつけ ウキに近ずくほど 軽い鉛を打つようにし
なんとか 針がとられる間に アタリが出るようにして ・・・すると 針は取られないものの
遠投しようが練り餌だろうが フグ連発・・ 1投 1尾。 3尾に1回はハリスザラザラ・・交換・・・
そんな状況が 2時間続き・・・その間 ウキしたも いつの間にか 竿1本半まで 深くなり・・・

練り餌で追い風に乗せ 超ウルトラ大遠投50m位 投げると たま~に練り餌は残ってくる・・・
一番左 とりこのハナレとの間に陣取っていた 新人 マスオT とりこのハナレとの水道 竿2本
20190531_064836 (1)

やった! ふぐ以外の魚ゲット!
20190531_061836.jpg

マスオT 気合が入り チャリコ2連発…今度は足裏ゲット!
吾輩と象潟Yの場所は 比較的浅く・・竿1本半しかなく ・・ちと厳しい・・

25年ぶり 一緒に竿を出す 象潟Y
20190531_064847.jpg


吾輩は超ウルトラ大遠投強い追い風利用し60m位・・・少しの可能性を信じ・・・すると 竿先ぐいーん!
やた! マスオTより 大きい・・尺はある 綺麗な 真鯛ゲト!・・・だったんですけど・・
抜き上げようとした際・・・針ハズレ 痛恨の オートリリース。 みなさん 本命はどんなに小さくても タモを使いましょう。

それから は もう超ウルトラ大遠投でも フグ フグ・・・あまりの悲惨さに 象潟Yは とりこの間の水道に移動・・・
吾輩的には 象潟Yのポイントの目の前の根回りに グーフ―の下に 食い気の無い 黒鯛がいる気がして 気になっていて
ここで 次郎釣法・・・おもりすべて外し 0号ウキに 練り餌大きくつけ 象潟Yが入っていた根周りに仕掛け欧入・・
沈めて待つ! 待つこと5分・・・やりました。 今季初 グーフ―だらけの下から なんとか32㎝ 小さい小さいピヌゲト!

無題

その1尾を釣ったら もう 同じことをしても グーフ―グーフ―・・・ 3種類もっていった 練り餌も底を尽き・・・
もうコマセも残り少な・・・吾輩は 諦めたんですが・・・根性気合男 象潟Y・・・”諦めるわけにはいがねなや!”
の一言! 
でもね この状況。。。あとやれること・・・ 練り餌も秒殺気味なのに 
挿エサ オキアミでは瞬殺・・・ 最後の手段
超ウルトラ大遠投ポイントにコマセも一点集中 バラバラと同じ場所に
大量にコマセを入れその沖に更に 竿がへし折れるほどの大遠投し 待つ! 不思議にあきらめの遠投ではなく
なんか 気配しました。 あまり遠投すぎて まだ馴染まず頭が出たウキがシュパ!

きた! ついに! で・・デカい! 久々に リール巻けない・・・ 竿先 叩く 鯛系・・・魚体でわかる 黒鯛にしてはデカすぎる。
タイラバ感覚では 魚体は 70以上・・・まわりの二人の声援が聞こえる しかし・・・動かない 根がかりではない さっき
竿たたいた・・・なんという 長いやり取り・・・立ち位置を移動し 根をかわす態勢に入り どうにか 手前に寄ってきた時
更に3段引き・・よし・・取れる!と思った矢先 竿先 フッ・・・ 痛恨のフックオフ・・・
マダイ針7号 曲がってました。のされた曲がりではなく 潰されていました。
タイラバならば70位なら全く焦らないのに・・・ これですよ 俺が求めていあのは・・・
タイラバも面白いですが やはり 磯でドデカい真鯛が釣りたい。磯は高揚度合が違う。
 取れなくてもギリギリの勝負がしたい!

興奮冷めやらず・・・3にんで がーがー話しながら 吾輩は仕掛けをつくり直していると 今度は同じ遠投をしていた
マスオTウキがシュパ!
ドラグ ジーーーー ブチ 一瞬でした。ガン玉打ったところで切れてました。

くっそー  でも時合だ! まだあきらめんぞ!と言ったものの その後 また ぐふ・・・
その後 また 一瞬 ほんの一瞬 えさが 着いた時 マスオT ピヌゲット

この磯 今日はとんでもない・・・なんか エサ取りだらけ 定期的に 回遊してきて またエサ取り・・・
時間が経てば 回遊・・こんな感じ 粘っていれば  一瞬のチャンスあり・・面白い磯です。

釣行としては 充実した楽しいものでした。 先回M1で体得した 逆全層も役にたったし
あのフグだらけで 釣ったのも収穫です。
釣行後 反省会を ラーメン屋で行い・・・
おもしろかった~と 口々に 先輩Kなら あのビッグ取ってたよなぁ~ 俺らまだまだだな・・
やら ・・悔しさやら 充実感やら 磯の魅力たっぷり久々に堪能.



次回さらに期待し頑張ります。



 

M1 チヌ 男鹿予選

おはえんし 本荘亜郎ッス

先週の話ですが M1 CUP チヌ 男鹿にでました。

午前000出発 途中 次郎と合流 桜島山荘着2:00 Ⅰ時間ほど車で仮眠をする

3:30 受けつけ・・・吾輩 政運丸1番船 28番・・・・加茂磯で金竜丸以外の船は 吾輩25年前 大竹丸に乗って以来
大会説明を受け 加茂漁港に移動・・・5:00渡船開始・・・2人ずつ磯に降ろされていく・・
20190526_033630 (1)


吾輩は何故か最後3人 場所は 男鹿の名磯 門前3島の 油島・・・・
いつか乗ってみたいと思っていた 憧れの島 まさか大会で乗れるとは・・・

でしたが・・・何この島・・・どこで竿だすのよ!ってくらい足場が悪い 更に滑る
 ヘタレな吾輩は 怖くて仕方ない・・・ ポイントを確認するも とても 道具を持って 移動できない。
20190526_130636 (1)


幸い吾輩は 場所選択権が最後の番号だったので 他2人は なんとか行けそうな場所に 磯を登り苦労して沖向きに入り
吾輩は安全な船着き・・・ 4時間交代 この日の潮は午前9時までが 時合・・・あ これもう釣れないなと・・・
しかし  ヘタレな吾輩は 安全第一なので 少しホッとし・・・アジタナゴを釣りまくる・・・
船着きから見える 右先端に入った人も アジしか釣れていない・・・

午前9時 場所替え・・・そしたら 垢取島向きに入った人が 7:00頃1枚上げたと・・・・
こうなれば話は別で 場所替え優先権がる吾輩は 垢取向きに入ると言ってしまう

入ってビックリ・・怖いよう・・・釣りどころじゃないよう・・・落ちるよう・・・
大体 コマセバッカンを もって移動するのも 一苦労
1人だったら 絶対入らないポイント・・・とにかく落ちないような体制を確保し
4時間 落ちないことだけ考え釣りをする・・・
20190526_102231.jpg




2時間ほどすると 怖さにも慣れ・・しかし・・これ もし 黒鯛が来ても タモ掛けできないんじゃないか・・
なんて考えながら・・・竿2本のタナで アジ 表層から竿2本でアジ・・・練り餌だろうが アジ・・・
しかし・・・練り餌も 荒食いブラウンならば たまに 残ってくる・・・
おかしいと思い 向かい風 ウキのなまり負荷は 5B それで 竿2本半 足長カン付きに変え
 3B鉛であえて 浮力を持たせ・・・
糸を張って 無理やり沈め 2本半棚が取れたら
底から ウキの浮力で上がってくるように・・・ 逆全層とでも言いましょうか・・
そしたら ウキが浮かんできたところで シュパ!・・・き・・・きたぜ!!で・・デカい!
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
なんか 違う・・・叩かない しかし 浮かない・・・ 根に突っ込む・・・メジナか?
メジナにしては スピードがない メジナだとすると相当デカい・・ 一瞬魚がみえて がっくり・・
ピンク・・真鯛だぁ・・しかし M1とは関係ない 真鯛黒鯛最長を競う会に 出せる・・ここは慎重に・・
完全に浮かせ 2回がっくり・・・
20190526_112012.jpg





カンダイ47cm・・・

でもね 久しぶりに やり取りしがいのある魚・・ ここから 気合が入りましたがタイムアップ
良い経験 レジャー釣行では たぶんすぐ 諦めそうな状況でも 最後まで気合が入ってやり切りました・
レジャー釣行では 絶対に入らないポイントで やりきりました 得た物多し・・・
表彰式では 抽選会で1番はじめに 名前が呼ばれ 当たりました。
がんばった褒美っすね。
20190526_144957.jpg


この大会で エサ取りだらけでも どうにか その場に居る 大きい魚を掛けるコツ・・を得た気がします。
次に生かします・・・
プロフィール

本荘太郎

Author:本荘太郎
アングラー
 本荘太郎・本荘B会面々
スタイル:
 フカセ釣り・・
2016より・・ オフショア:タイラバも開始
                       
ターゲット:
  真鯛 ・・・
  クロダイでも可

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アルバム
ブロとも一覧

地磯パラダイスIN男鹿

ライトゲーム・パラダイス
ご来場者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ