地磯?だったの?

こんぬずわww 本荘太郎です。

小里哲也さんより 直々に 磯釣り 教えてもらい 一皮向けた(と思ってる) 腕前を試したく!

行ってきました。男鹿半島加茂青砂 4:00出発!! 5:40 漁港着・・・・

すでに上がる磯なし・・門前の沖から番屋に向かい右に離れている 通称たこじま・・に 降りようとして・・被っています。

次・・キツネ・・・低すぎ 吾輩大荷物でジャンプできず!!

ほんで!!渡ったのは ここです。
KIMG0497.jpg

正面に いつかは 載りたい 小館栗島を望み

左前方に
KIMG0496.jpg

大型マダイのメッカ
尾館栗 しんじょう 垢取り 油・・・そして 左に 竜ケ島

右には・・
KIMG0499 (1)

クロダイ釣りならここ! 言わずと知れた おんべ その前に 福立・・・

 ここは何処か? おんべの 南のハナレ? なんちゅう どんずまり・・こんなとこしか 空いていません。

周りは 名磯だらけなのに・・とほほです。

ま・・どんな磯であれ やるべきことを やる。

向かい風か強すぎてですね 滅多に使わない 5Bでスタート。

潮は効いていません。

第一投目! 釣り始めて わずか 1分 ウキが ”しゅぱ”

KIMG0494.jpg

え~ こいつかぁ~ って感じ あんまり よくない。

それから わずか 30分で こいつが 5連発!!

しょうがねぇ~ 沖を攻めるか?

ウキが ぬ~

KIMG0495.jpg

腹がパンパンのこいつ・・・ 沖は こいつが3連発・・・

おんべの南に釣り座を構えた人が コチラを見ています。 

おんべは 魚っ気なさそう・・・

足元20mくらいは 180度 がしら系・・沖は アイナメ・・すでに 打つ手なし (笑)

それでも 淡々と 釣りをしてたら・・・足元に 見覚えのある 魚体が うようよ・・・

で~た~!! まめあじ軍団!  終わった! 去年までのボクならそうだったんだけど・・・

一応 先週小里さんから 聞いた コマセワークを試してみる。

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

フフフフ・・餌ついてくるし・・・

気合が入って  先週教わった 小里哲也名人  直伝!!

○○○○釣法!! ウキが スパ!! 

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

なんと・・・でっけぇアジです。 尺アジです。 表層は まめあじ!! 底は 尺アジ!!

尺アジなんて っと 久しぶりです。でも 吾輩・・アジは嫌いなので 釣っても意味がないんです。

底に エサが届き・・少し流し・・それで 尺アジなんで どうしようもありませんでした。

しかし 小里さんから聞いた 釣法は 表層まめあじを ものともしない スーパー
なものでした。

磯上がり目いっぱいまで 尺アジ釣りになりました。 ガッテムです。オーマイガーです。

サバなら 持っていくのに・・・やっぱ釣るなら マダイ 喰うなら サバです。

磯上がりをして 金竜丸 船宿で 釣れなかった アングラーが ぼやいています。

”夷島でさえ 魚っけ な~んも ねぇ”  

・・・・・・

・・・・・・

吾輩・・・ ”アジだらけだった”

一同 驚愕!!していました。

おんべも 竿曲がっていなかったし・・

福立で 納竿間際 黒鯛1枚上がったのは見たけど・・

金竜の 大おやじさん 曰く・・

”うるう年は・・むかしなば 漁師おまんま食上げだぁ”

鵜沢政則さんも 釣りビジョンで 似たようなことを言ってました。



ま!男鹿の 大自然を満喫したし・・
KIMG0504.jpg

釣れなかったけど・・去年より 成長した!!と実感できたし

いる魚を釣る!!  ま 今日はこれで良しとします。


家について びっくり  今日上がった磯は 地磯でした。

2回連続 地磯・・・・・・

もっと 早起きしなくては・・!!





スポンサーサイト

マスター小里

こんぬずわ 本荘太郎です。 行ってきました 鬼掛けフェスタ・・一応 黒鯛釣り大会す。
集合場所について いきなり ビビりました。 車のナンバーが 千葉・練馬・福島・神戸・静岡 etc
”なに?これ? 山形 秋田 新潟 がすくないんですけど・・” いきなり 全国区?
参加者の ベストの背中・・各メーカーとわずフィールドテスター・フィールドスタッフ・スペシャルスタッフ・がゴロゴロいるじゃない

そんな中 いましたテントの中
KIMG0452.jpg
神様 小里哲也さん 

恐れ多くて 近寄れません しかし 勇気を振り絞り
”サインください”・・・・・”名前 おせ~て”・・・”○○って言います”

KIMG0468.jpg

やった!今日の目標達成です。
そして渡船割り 吾輩は2番船で 一番最後。 5人でエボシ?っていう島へ渡礁 。
渡船では吾輩の隣の隣に小里さん 吾輩ビビッています。ブログを通して知り合った ハイテク漁師さんが 小里さんの隣。
物怖じせず 小里さんと話ししています。さすが・・
渡礁の際 神様小里さんが 吾輩のロットケースを
持って手渡ししている 感動です。

くじ引きで 一番最後な吾輩に 釣り座の優先権は 有りません。 それでも 一応 島中見て回ります。
すると神様 小里さん・・いきなり ”潮はこっちに とろ~と流れている” と吾輩に言いました。
吾輩ビビッてうなずくだけ・・
なんで 分かるんでしょう? 根もない べた凪
鏡のような 底丸見え釣り座で コマセを撒いてみる 本当でした。

オキアミとアミだけのコマセをせっせと巻いていると 隣に人影・・小里さん
”粉いれんの?” (入れないの?)に対し ・・吾輩”風が出てきたら入れます”と
”粉は 何でもいいから 必ず入れなアカン” ・????同じ名人でも 松田さんということが 反対でした。
なぜ入れないといけないかを レクチャー受けました。
それぞれの 理論がありどちらが正論ってことはないかもしれませんが どういう釣り方をするかってことで
ビデオで見るより 直接マンツーマンで言われると 納得しました。
吾輩の釣り方は 粉があったほうがいいみたいです。
中身は書きません(笑)

潮が悪く・・

”これじゃ 可能性は あの あてジオの先端の右側だけじゃ!”ほんとでした 5人中一番最初に 魚をかけたのは
その場所に入った人でした  なぜわかったのか不思議・・なぜ 今日の潮ならばあてジオの釣り座いいのが不思議。
吾輩ならその隣・・ハイテクさんの釣り座を選ぶのに・・

その後 小里さん 一人一人に アドバイスして 回って ついに 竿だし 釣り座はなんと!!
吾輩のとなりです。 やったー!! ”コマセ運ぶだけで 疲れてもうた・・・”お茶目な名人です。

KIMG0462.jpg

名人とならんで釣りをする。夢ですか? 
うそのようですが現実です。これはすごいことです。ラッキーすぎです。
 他の参加者より マンツーマンで多く 磯釣りレッスンです。

海の状況は 男鹿で もうどうにもならない!というときと ほぼ同じ。表層マメフグ 底に大フグ 潮動かず 底丸見え
小里さんに聞きました ”こんな時 どう いう仕掛けで どこを どう 釣るんですか?”


”こんな時は 沖をつらなあかん ”
って言ったって おきせめているんですけど・・・
”今の3倍遠く投げなアカン”
仕掛けは ○○○じゃろ? だから ○○○とするんじゃ” 釣り方は ○○風にするんじゃ”
すぐに 仕掛け変更・・・ あれまぁ エサが 残ってきます。 まるで 魔法ですね。 

”トーナメントで 人より多くつらな 負けるやろ?ほならな こんなとき ○○するんよ。すると 魚は○○になるやろ?
だから ○○を ねらうんよ。 当然 針の選択は ○○になるんよ。”

心の中で”フッ フッ・・これで 俺も 小里さんの弟子じゃ” 笑いが止まりません。

調子に乗って 聞きまくりです。

”なぜ・・張ってないんですか?”

”張らない 張りなんよ 仕掛けが ○○としたからなんよ  海中で 鉛が○○だからなんよ”
なんてわかりやすい。ここには書きません(笑)


びっくりしたのは 小里さんの遠投・・びゅ! まるで ルアー竿を振っているような竿の音 普通えさがとれるでしょ?
どこまで・・飛んでいくんでしょ~っていうくらい。普通の小さな おじいちゃんなんですけど・・なんてパワー
いや パワーというより 技 ・・磯竿で ルアー竿の キャスト音はしないですよ 普通・・・

負けじと 大知60LLで やりました。超フルキャスト やった!同じくらい飛んだ!音は違いますが・・・
小里さんとの大きな違い 
過去にないフルキャスト!なので 一投一投 着水ポイントが 変わるんですが 小里さんは 寸分違わず同じポイントへ着水。
神業です。しかもあんな遠くまで なぜ コマセが届く?ビデオで見た 大知さんの遠投方法とか色々やりましたけど・・
さすがに あれほどは飛びませんよ・・普通じゃない

”家で練習せなあかん。 柄杓に 錘を括り付け 一日100回 音が鳴るまで 練習せな。練習のしかたは・・・・”
わかりました。師匠 !明日から練習します。

その後 粘るも 魚っ気なし 状況が 状況ですから・・小里さんが 言いました。

”これ・・・魚おらん プライベートならもうやめてるとこや(笑)
KIMG0457 (1)
小里さんも 置き竿釣法です。

喰わないだけか・・いないのか・・ 
”これは おらんのよ・・・○○仕掛けにしてるじゃろ? だから おらんとわかるわけよ回遊待つしかないー
1匹釣ったら優勝や!釣ってや~”

その後 場所替え

小里さん と ブログで知り合った ハイテクさん と 吾輩の バッカンを囲んで 雑談 
話は飛びますが 吾輩 変わった たばこを吸っています。
そこで 小里さん ”わし たばこ 大好きなんよ。それ 1本吸わせて” ハイテクさんが ”健康に悪いですよ”
”わし・・小学校から吸うてんねん(笑)” ・・・かけがえのない時間でした。 たばこを差し上げ・・代わりに 針をもらいました。
宝物になりました。

小里さんから絶賛してもらった 灰皿付き バッカン受け三郎
 KIMG0466.jpg



小里さんから言われました。
”またどこかであえるかもしれん・・鬼掛けクラブに はいって~な”  

”男鹿に来てください” ・・
”それは 支部で話し合って決めてくれれば ええ”

一般会員と頂点が近いクラブみたいです。

ん~迷ってます。ただ 鬼掛け製品 今後買います。 師匠が 勧めますから(笑) 実際針は気に入りました。

表彰式で 粗品を もらい満足。 今日は大満足!!!!

KIMG0470.jpg

大会の釣果は 名だたる人たちも散々だったみたいです。

小里さんから教わった 多くのこと 書ききれなかったこといっぱい・・・頭に叩き込みました。
マメフグだらけの時のコマセの巻き方。今までどんな名人のビデオを見ても わからなかった 実践・・
どうしようもない状況に陥った時の釣り方・・男鹿で試してみたいです。
過去 何百回 釣りに行って試行錯誤重ね 勉強し ビデオみて それでも 分かんなかった 壁みたいなもんが
少し 壊した気がします。自分なりに 積み重ねてきた海に合わせた 理論があって それは 間違いでは無かったんですが
 それと 正反対の理論も存在し それがわかっただけでも 行った甲斐がありました。

今回の大会は かけがえのない思い出になりました。
小里さんって あの年で 磯を走るんですね びっくりしました。
神様ですけど・・どこにでもいる 気さくな・・・そして 楽しい おじいさん。
それでいて 釣りが好きで上手なおじいさん
そんな人でした。しかし

吾輩と座って雑談していたとき 地元 徳島の仲間と思われる人から 携帯に電話があり
”はい 小里ですぅ ・・今 山形なんよ! さかなおらん  釣りに来ているときに限って電話してくるのぉ~
あ!そこは・・藻の先を釣らな 釣れんけん!そう・・そう・・”
地元徳島の釣り仲間にでも遠く離れているところから 電話で教える 小里さん・・

徳島なんて超レベル高いのに・・やっぱり 神様なのですね。


道具を丁寧に洗い たそがれる マスター小里
KIMG0465.jpg


あ!小里さんに 柄杓指摘されました。
ちなみに小里さんは 立石さん手作りの柄杓を使っておられました。
 どんな柄杓を買うのか・・・よう教えてもろたので・・買わなあかん。










釣果がほしい。

本日は晴天なり しかしながら 強風のため 釣りには行きません。
こうなってくると 非常に状況が 悪い。

それというのも 来る 5月某日 鬼掛けフェスタ参加のこと・・・
まだ今春1枚も上げていないのに 大会に出る羽目になろうとは・・・

来週は 家内が 実家である郡山に里帰りするので 家を空けるわけにもいかず 男鹿に出向くことはできず・・
大体 釣れないくせに 釣りに行きずぎ 金欠・・大会参加にも支障をきたす程の 金欠であります。
まぁ 金は 家内が郡山に帰る際 生活費を置いていくので それを少し 釣りにまわす勘定をしています。
来週休みは 精進料理で過ごす予定であります。

大会では 魚を狙わず レジェンド小里哲也さんの 指導を受ける
小里さんといえば ”阿波釣法” 
・・・円錐ウキを使った釣りは 全国に波及し 進化し 色々な形になっていますが
大会では 敬意を表し 自分が覚えている範囲の 純阿波釣法で臨みたい。

阿波釣法といえば 利き腕で竿を持ち その他のことは魚取り込みまで空き腕でこなすこと
コマセの打ち方は グレは オーバースローで チヌは 下手打ち←これ大事
あとは~  ??10の張り 大昔のビデオ見ます(笑)

まず・・自分が好きな カン付きのウキは封印します。
小里ウキがあればいいんですけど・・持っていません 何故か 江頭ウキと 立石ウキは 持っていて 小里ウキだけ無し
昔持っていたけど・・細長くて吾輩使えなかった思い出があります。
 ・・そんで・・買いました 嫁のカードで(爆) 阿波釣法ぽいやつ・・
シマノゼロピット 00 0 B 2B 3B 5B・・のM 計6個
 
切れ目が入っているところなんか 中原孝 おお神様が作った初期の阿波ウキに似ています。
これ・・通販でゲット!嫁が帰郷中に届く予定(笑)

0



あと 現在の小里さんの スタイルを調べ・・・
こ

・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
小里さんも バッカン受け三郎使っていたのね・・・ちょっと びっくり。吾輩も持っていきます。

針も 鬼掛け底チヌオキアミオレンジ1 2 3 4 5号 準備完了。

・・・・・・
・・・・・・

大会前に・・・釣果が惜しい。

のぼせました。

こんぬずわw
本荘太郎です。

本日4:30起床 久々に 東京次郎と 加茂沖磯へ行きました・・・・5:00出発 7:00着
と言っても 渡船に乗ったはいいけど・・・人多く・・上がる磯が無くて・・・
南は強風でNG
・・北磯は・・加茂から出船し 戸賀エリアの寄島まで 見に行ったんですが
 人で埋まっていました。

そんで 上がった磯はここです
KIMG0429 (1)
真正面に 夷島を望み・・・
右には五枚島・・・
左は・・・
KIMG0430.jpg

こんな感じ・・・そうです 沖磯と言っても・・金ヶ崎の北端 崖下の地磯です。

朝一 ビッグなアイナメを釣りあげた後・・・あとは エサ つきっぱなしの 放置プレイ・・・
潮は冷たく オキアミは 回収の度 ボイルのように 真っ白で上げってきました。
それでも ”潮さえ動いてくれれば・・・!!なんとか・・”と粘りに粘ったんですが・・
やっと動いたと思ったら 。。あてジオ・・そんで どこから流れてきたのか
海面は海藻だらけで際もNG・・お手上げ・・大遠投しようにも・・向かい風強し!!久々に give up
です。

釣り人が多いだろうとは 思ったんですが。。 ちょっと 遅かったです。


(ヘラブナ釣り状態の 東京次郎)
KIMG0426.jpg

更に気温・・28℃・・季節外れ・・ ほんの 一昨日 ヒートテックとダウン着ても寒かったのに・・・
吾輩今日も レインの下・・・フィッシングパンツ・・そして ヒートテックのタイツはいているのよね・・・
熱中症手前って感じでした。

あまりの 放置プレイに・・・・

(ヘラブナ釣りどころか・・・もはや ウキも見ていない 東京次郎)
KIMG0425.jpg

熱くて腕まくりしたんですけど・・・出ました・・あの 変な磯の刺す虫・・かゆくて 1週間位かゆみが続く。。あれ
なんていう虫なんでしょうね・・・
魚は釣れないけど あの虫から 今期初 4か所も刺されました。



今春 まだ 黒鯛釣っていません。

今日桜島では 50㎝の 真鯛が上がったようです。
黒鯛上げていないのに 真鯛シーズンに突入・・・

まぁ~ 元々 吾輩 真鯛メインですから それはそれで 良い情報なんですけど・・・

なんか・・・むなしいー( ̄▽ ̄)

今期初 加茂沖磯

こんぬずわwwwwwwwwww
本荘太郎です。

今季初 男鹿加茂沖磯! 渡船金竜丸 GW特別イベント 40cm以上黒鯛 30㎝以上 真鯛で 渡船代無料!!

結果・・・きっちり 3000円払ってきました。( ̄▽ ̄)

本日行くか?行かないか? 微妙でした。
朝起きたら 大雨・・・由利本荘は土砂降り・・・5:30頃 何とか小雨に・・・

”行くだけ行ってみるか・・・”こんな感じで出発
加茂漁港着 8;00・・かなりの重役出勤ですが・・・雨は上がっていました。

渡った磯はここです。
KIMG0421.jpg

正面に28キロ島 右に黒島

KIMG0419.jpg

金ヶ崎の三ツ島の一番黒島よりです。

なんたって 船着きは 足場が悪く・・・強風のため 断念・・追い風の強風なので なんか落ちそうで・・
黒島向きのポイントへ行ったのですが・・うねりが強く・・・

KIMG0424.jpg

この割れ目を ジャンプ!! いやー こわいよう~でも行きましたよ!!
荷物を3回に分けて・・おかげさまで・・へじゃかぶ(膝)が 痛いです。

ここは 足場はいいんですけど うねりが 這い上がってきて 足元を洗う状態 ・・こわいよう~
早速コマセ作り・・・
バッカンを開けてびっくり・・なんと 水汲み忘れました・・しょうがないので・・柄杓ホルダーで水を汲み
バッカンに投入・・・

KIMG0415.jpg

・・・・・

・・・・

マゼラーも忘れました。 こうなったら 手で!! いや~ 冷たい 指もげると思いました。
ま!こんな感じ・・・ザマ!って感じ ただでさえ 強風 雨で 釣れる気がしないのに・・・
ザマ食った日は ダメですね。

案の定 エサはつきっぱなし・・・魚っ気なしです。

アタリもわからないまま 巻き上げたら 大きな アイナメが 釣れていました・・
それが 2回

唯一 アタリがあったのは これ
KIMG0416.jpg

メバル・・ 泣尺で bigな奴・・はずがしながら・・タモ使いました。

これで おしまいです。

あとかたずけをして 船着きの島へ移動 荷物3回に分けて・・・
渡り終わった瞬間!! ざっぱ~ん  今までいた場所が うねりで 水没しました。

あっぶねぇ~ 流されはしないだろうけど・・荷物は 何かやられる雰囲気のうねりでした。
ま!吾輩 男鹿1発目は いつも こんなもんなんです。
 5月の男鹿は 超寒かったです。加茂はまだ少し早いですね。 去年の今日は 東京次郎と
入道崎でしたんで・・・・・

本日加茂で黒鯛上がったのは 南寄りとのことでした。
おんべ ・・・今日一サイズ
大桟橋・・小さいけど・・数が出たそうです。

次は南だな!!明後日 リベンジ!!・・・嫁の許しが出れば・・ですが・・




プロフィール

本荘太郎

Author:本荘太郎
アングラー
 本荘太郎・本荘B会面々
スタイル:
 フカセ釣り・・
2016より・・ オフショア:タイラバも開始
                       
ターゲット:
  真鯛 ・・・
  クロダイでも可

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
アルバム
ブロとも一覧

地磯パラダイスIN男鹿

ライトゲーム・パラダイス
ご来場者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる