オフショア 練習を兼ねた デビュー戦

こんぬずわww 本荘太郎です。

本日 めでたく・・オフショアデビューしてきました。

オフショアデビューの理由は いろんな釣りをして・・・磯釣りに知恵を生かしたい・・これが目的。

7:00東京次郎と待ち合わせ・・ 道川港着 7:20分・・・

男鹿ではなく・・・男鹿の前に 練習をしたかったので 1っこ年上の先輩の船外機で 道川沖デビューとなりました。

釣れなくても 何か一つでも 得ることはないか・・が今日の課題。

KIMG0084.jpg

デビューでワクワクが止まらない 東京次郎

先輩は 生き餌を使った 流し釣り
吾輩は・・・タイラバ・・・
次郎は・・・スロージギング

でスタート・・

最初のアタリは吾輩・・・ものの見事に バラシました。 ほぼ同時ヒットの先輩は チャリコ・・・
吾輩のバラシはなんと・・・針取れ・・・自分で結んだものです。 なんと 情けない・・・
磯のようにはいきません せき糸に 通常の外掛け・・・磯とは違う PE+リーダー直結・・
今日は 結び目に 不安が尽きない釣りになりました、

その後 沈黙が続き・・・ 場所がえ・・

場所を変えても 海はご覧のとおり・・ 場所が 変わった気がしない( ̄▽ ̄)
KIMG0086.jpg


場所変え後

先輩 チャリコ・・ぽつぽつ・・・

次郎は 淡々と・・・そろそろ 飽きてくるころ?

吾輩はというと 色々 玉の色を変え・・・ ネクタイ変え・・・喰う色を試行錯誤・・
その間 ショートバイト 2~3回

そんで・・ さっきのバラシ・・ショートバイト数を加味し やっと 玉とネクタイの色が決まり・・・
ちょっと集中し穂先がぶれないよう巻き上げたとき 底55mで いきなり ドン・・・

安物 紅牙 ぐにゃ・・ ラインカウンター 98mまで一気に出され・・・ほぼ水深の2倍沖に走られ・・
寄せては走られ・・ゴンゴン・・寄せては走られ・・・ゴンゴン・・

上がったのは ・・・・ 71cm 真鯛・・ いや~  うれしいやら ・・残念やら 複雑。

その後 

先輩チャリ・・・or バラシ・・・連発

吾輩・・ショートバイト を繰り返し  針取れバラシ2回後 43cm 追加・・・

次郎・・沈黙・・・

次郎も タイラバに変え そろそろ 飽きてきたころ・・ 49cm 
ジローってやつは  いつも飽きてきた頃 釣りあげる・・・ま・・・魚釣れた 釣れないは時の運ですが
良かった。

先輩・・フグの後・・


吾輩 44㎝ 追加・・・
KIMG0091.jpg

デビュー戦での釣果・・・ まぁ 目標は達成。 得たもの多し・・しかし 磯につながる 得たものは なし。
タイラバは その日の 色パターンと 潮の速さに合わせたその日の巻きスピード・・巻き上げる時
穂先ちょっとでもぶれると ショートバイトもありません
得たものはこれ! 磯のウキ交換と ガン玉調整にちょっと似ている気がします。
竿は・・黒鯛釣りでいう筏釣りに使うような感じかな・・
引きは・・磯竿と同等味わえる・・しかし・・切られる!というドキドキ感はなし。


熱くて 倒れると思いましたわ。  軽い熱中症。もう しばらく ・・・オフショアは 勘弁です。

9月頃いきます。今日は 夏磯より熱いのでは?と思うほどでした。少し なめていました。

完全な納涼対策が必要です。
スポンサーサイト

速すぎ!!

こんぬずわww 本荘太郎です。

今日は 2週連続ですが 行ってきました 秋田港 離岸堤・・・・先週のリベンジってやつです。

今日は ”北のハナレの先端”ってとこに行きました。

秋田港の沖提の名前なんぞ 全く知らない 吾輩と東京次郎は ” ハナレの先端” なぁ~んて名前だけで テンションMAXです。

今日の場所は 6mのタモで なんとかなりそうで一安心でした。

はやる気持ちを抑え コマセをいつもより入念に作り ある程度予測しておいた 強烈な横風と 川の流れのような2枚潮・・
に対応する 1号の仕掛けを作り・・第1投目・・・

オーマイガー・・・川の流れなんてものではなく・・・激流?濁流?・・手を放してしまった風船が 空に舞い上がるより 早いスピード
といえばよいのか・・大雨が降り洪水になった時の川の流れというか・・・ 潮がぶっ飛んでいます。
 情けない話 吾輩程度の腕前では これは 無理です。
 せめて風が弱いか・・もしくは 横風でなければ 何とかなったんですが・・・

っていうことで 2投目で仕掛け変更・・ 流れを受けにくい 細身の立ウキ・・錘負荷1.5号・・ウキした 竿3本・・
アジが釣れました・・・・ その後 アジ連発
竿3本で アジ・・・竿3本半・・餌がのこってきます。 おかしい・・アジが来ない・・・ この横風で 竿3本のタナ取りは
結構容易でないんですけど・・・
やけくそで・・・竿4本半 一瞬ウキが沈み・・餌がとられました。・・・っていうことは・・安易な気持ちで 竿4本!
椅子に座って 気を抜いていたら・・

ウキがシュパ!

東京次郎が撮ってくれました・・・
1468653441205.jpg

 今日に限って 竿は ボーダレス・・4.9m 160g 超細身で 号数にして1.2~1.5
おおよそ 大型真鯛を狙うタックルとは言い難く・・・結構曲がってますね。苦労しました。
気を抜きすぎて ドラグも 緩め気味・・・いつもはレバーブレーキでいなすんですが・・ 
ドラグ出るので・・・魚が上がってきませんでした・・・ 

KIMG0021.jpg

55cm・・・メスの本命・・・ 55cmで助かりました。ナナマルクラスなら のされていたでしょうナァ~

も一丁
KIMG0024.jpg


見せ場はここまで・・・もうかせが強くなるやら・・条件は厳しくなる一方・・

さらなる悪条件で 次郎が 小型本命1枚上げておわり・・・よくやった次郎よ!!
あの状況で あの小型は 吾輩の55cmより価値がある。敬意を表し 東京次郎改め 人もどき の
称号を与えよう・・・嫌か?(笑)

思えば 今日朝高速に乗っていた際 次郎に・・”今日は ・・贅沢言わない 55cm位 たった1匹でいい・・”
なぁ~んて 言ってしまったのを思い出しました。 もう2度と言いません。
ほんとに これ1匹・・・・なが~い 釣りでした。
”大漁を夢見て・・・” 我が師 小里哲也さんが 書いてくれた 色紙を無視してしまった結果です。

次は 爆釣を夢見て・・・

ここ・・秋田港 離岸堤・・潮が早すぎ・・そして・・・真鯛多いなぁ・・・
難しいけど・・ 真鯛が多いし 渡船は安いし 船長はやさしいし フレンドリー
家から 50分と近いし
お気に入りに追加です。
 




久々の 淡々

こんぬずわww 本荘太太郎でございます。

男鹿沖磯で釣りをしていると 遠くに見える フェリーが 今日は目の前を通ります。

KIMG0006.jpg

そうです。 ここは・・・秋田港 離岸堤!! 昨日は 秋田沖 離岸堤に行ってきました。
本来 もう 船釣りに 移行する時期なんでしょうけど・・・ やっぱり フカセがしたい!!
この時期 男鹿は・・磯によって当たりはずれが 出てきますし・・今年前半 最後思いっきりフカセがしたいということで・・
朝3:00 東京次郎と待ち合わせ 本荘出発  秋田マリーナ着3:45分 石脇貧次郎と 現地待ち合わせ
 到着と 同時に まさかの 土砂降り・・

初めてきたので 渡船場もわからず・・・2船ある渡船の 間違った方に並び・・ くっそ重い 道具を担ぎ 200mも 走る羽目になろうとは・・・

渡船して・・すぐ 船長が ”どさいぐ?”・・・どさいぐと言われても・・・”初めてだから わがんね。 深いとこ!” って答えたら
”本荘さ 住んでいて 来たことねェのか? ありゃ~ 深っけどご って 全部 竿3本はあるぞ~”  
”初めてなのに この天気は 運わりいなぁ~ 陸向きで 竿出さねばなんねぇ~ぞ”

ま! 場所は良く分かりませんが 真ん中ほどの 赤灯台がある場所に・・渡礁・・というか 渡堤?

いや~ 遠いですねぇ~ 男鹿でいえば 加茂漁港から 大体 黒島位の 距離があるんじゃない?というくらい
ほんで 堤防・・・たっけ~ 我々が 着いた場所は・・吾輩の6mのタモでは 海面に届く気が しませんでした。
それで 魚が掛かったら すべて 吾輩が タモ掛け係という条件で 吾輩は船着きの 階段で・・
他の2人は 堤防上で 釣り座を構え ・・釣りスタート・・

ものすごい 横風・・・右から左へ・・・ 上の潮も 右から左・・しかも 川流れの激流・・ 下潮は 逆です・・・

これって 万事休す・・いくら 重い仕掛けを組もうが・・ 道糸がながされて・・・ ウキごと沈めようが とにかく道糸が 流され・・
仕掛けが 入んないんです。4ヒロで アジ・・・ アジのデカいこと!! 釣り始めて3時間 状況は変わらず・・・
久々に 立ウキの1・5号 鉛1・5で・・ 竿2本半・・では いつ エサがとられたかわからず・・・ 
 すでに・・・東京次郎は 半折れ・・・  フェリーが目の前を 通ります  ”ばからし -リーェフ”
 
左から読むと ばからし・・なんですね。雨に叩かれ・・気持ちも折れ バカらしくなってきた頃
爆風横風 超2枚潮 ・・アジ フグ 全層網羅では・・・と思った矢先 
ほんの一瞬です。 エサが残ってきました。

”よし!と思い エサを付け替えた投入しようとした瞬間・・東京次郎に・・

次郎 タックル・・竿 がまかつアテンダーⅡ 2号 道糸4号 ハリス Vハード4号・・・一瞬で
 針が伸され し・・の字 になっていました。
ま!赤い彗星 big1ってやつです。本人は 5秒くらいと言っていましたが・・1・2・・秒でしょう

それから 気合が入りましたね 3人 無言で  淡々と・・・ 潮も変わり ずいぶん流しやすく なりました。
淡々と 3人で アジを 釣りました。 潮が変わるたび 仕掛けを 何回も何回も 変えました。
いや~ 男鹿でも こんな 早い潮 なかなか ありませんよ。 しかも延々に 速いんですね。
しかも コロコロ変わるし・・

仕掛けを投入。 竿2本まで 底どり・・馴染んで・・しばらく 流して・・・・ アジ!! こんな感じ 。
いくらアジでも 投入して すぐアジってわけでもなく 一応2本半までは 底どりできるので・・腐らず 諦めず・・やりました。

一瞬風が止んだとき・・60mほど 沖に 目玉を見つけ・・・ 小里哲也直伝 超ウルトラ大遠投!
柄杓は83㎝ ・・小里さんから言い渡されたコマセ遠投・・家で練習した 成果・・
軽々と コマセも届きます。

ウキは 0・・おもりは g4を ハリスに1個。 道糸がかなり出ていますがその場所だけガンガン入っていきます。
・・ウキは渋々・・いわゆるスルスルってやつで・・・
竿3本ほど 入ったと思います
道糸 バチバチ・・ 掛けた瞬間 それ!とわかりました 尺アジとは わけが違います。
サイスの割に抵抗するんで 黒鯛の40㎝ 位か?と一瞬おもったのですが・・ 上がってきたのは
想像通り魚で 想定外のサイズ(笑) 潮が速いのか このサイズで 3回も しぼってくれました。
KIMG0007.jpg

小さいですが 意地の1発!
このサイズ1匹しかいないってことは ないと思いますが・・・その後 やはり アジ!
だんだん サイズアップする次第であります。

昨日の釣果

石脇貧次郎 アジ いっぱい・・・ たなご1匹
東京じろ   アジ いっぱい・・・金魚手のひら1匹 大バラシ1
本荘太郎  アジいっぱい・・フグ4匹・・・本命小型1

帰りの渡船
KIMG0014.jpg

この 看板犬? 勝手に ムーコとなずけました。 いや~ 疲れた体が 癒されますね。
迎えにきたときなんか 船主にいたんです。 笑ってしまいました。
渡船客一人一人に しっぽぶって・・

帰りは 秋田1うまい ちゃんぽん 一心亭で 食事! いや~ うまいですねぇ~ 
男鹿だと帰り 15:00で閉まるので間に合わないんですけど・・
秋田港からだと 間に合うんですね
issinntei001.jpg

これ~ 秋田1どころか・・東北1じゃないですかねぇ~
東京育ちの 次郎 が 一口目に ”うまい!”無意識に 叫びましたからね。

秋田離岸堤・・・あんなBIG1が・・いるとは・・・男鹿より 確率高いのでは?

もっかいですね。 船釣りの前・・・ もっかい! いいとき・・・ 本来のポイントである 沖向きで・・やってみたい!
魅力満点の 場所でした









プロフィール

本荘太郎

Author:本荘太郎
アングラー
 本荘太郎・本荘B会面々
スタイル:
 フカセ釣り・・
2016より・・ オフショア:タイラバも開始
                       
ターゲット:
  真鯛 ・・・
  クロダイでも可

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
リンク
最新コメント
カテゴリ
アルバム
ブロとも一覧

地磯パラダイスIN男鹿

ライトゲーム・パラダイス
ご来場者数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる